さだまさしと鳥が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 東海ラジオ「流れ星の笑わさ〜すDAY」 さだまさし『惠百福』について語る

<<   作成日時 : 2017/09/29 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月28日(木)、東海ラジオ「流れ星の笑わさ〜すDAY」。さださんの出演は、14時13分から14時37分まででした。流れ星が去年、早稲田大学のさだ研に行って話を聞いた、という話から全国にさだ研があった、という話へ。研究なんかしてない。いや、2年前に高校生が研究論文送ってきた話。

14時21分頃。『惠百福』はどんなアルバムかと聞かれて。
日常生活の中で、真面目に考えたりばかりじゃないじゃない。ふざけたりもするし、ふざけてるばっかりかというと、そうじゃないじゃない。人前でちょっとふざけたり、飲んだり騒いだりしてる時でも、ふっと真面目な話になったり。
それから、真面目な話してるのが、えらい猥談になったり、哲学論が猥談になったり、猥談をやってたはずなのに凄い哲学的な話になったりすることあるじゃない。それをアルバムでどうにか表現できないかな、って。

結局、幸せ幸せって俺達言うけど、幸せなんて、こんなに当てにならないもんは無いじゃない。だって、不幸せという対局の言葉が無いと成立しないんだから。幸せだけじゃ成立しないでしょ。不幸せな人がいて、初めて幸せになれる、っていうのは、卑怯な言葉だよね。

曲は『惠百福』から『たくさんのしあわせ』。

トークは曲と曲のつなぎ。
前の方のお客さんの顔が見える。・・・。最前列とか2列目座ってる人って、信奉者みたいな人多いから、・・・、眉間に皺がよってくると、嫌われてるなって思うわけ。

ずっと悪口ばかり言われてきた。『精霊流し』で暗い。・・・。(以下メモ省略。後は書かなくても解ってんだろBaby 笑)

さだまさし好き、って人も一杯いてくれるけど、さだまさし嫌いだって人も一杯いるから。だから、どんなに混雑してても、飛行機じゃ歌わないわけ俺は。

【感想】
・前半、鬼平犯科帳みたいな話だなぁ。
・「対局の言葉が無いと成立しない」という話は、生さだでも言ってたなぁ。
・「信奉者みたいな人」という表現が初めてだったようで、新鮮だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

●検索/ブログ内検索

Google

ネット全体 を検索
このブログ内 を検索

●Twitter

 ★さだまさしファンとしての、
  Twitterを始めました。
  過去のログはこちらから。
東海ラジオ「流れ星の笑わさ〜すDAY」 さだまさし『惠百福』について語る さだまさしと鳥が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる